TEL LINE

スポーツ障害 | 仙台市太白区で口コミ多数の人気の整骨院|山田・仙台南

〒982-0813 宮城県仙台市太白区山田北前町16-10 エルハイツ101号
お問い合わせはこちら ネット予約はこちら

スポーツ障害

太白区・山田・仙台南のおがわ整骨院では、スポーツ障害の施術にも取り組んでいます。

幅広いスポーツ障害に対応していますので、お子さんから大人のお客さんまで、世代関係なくお気軽にご来院ください!

スポーツ障害の原因は?

継続的にスポーツや運動をしていると、それほど大きな力ではないにしても、同じ部位に繰り返し力が加わることになります。

力が加わった部分は、たとえ弱い力でも骨折や炎症を起こすケースがあります。
これがスポーツ障害の原因です。

スポーツや過剰なトレーニングで筋肉や骨が酷使され、部分的に障害や変形を起こしている可能性があります。

何の競技をおこなっているかによって、スポーツ障害の出方は変わってきますが、一般的に多いとされる部位は腕や手、脚、腰です。

ほんの少し負荷がかかっただけでもケガする、症状が悪化する恐れがあります。

スポーツ障害の症状

スポーツ障害は大人にもみられる障害ですが、アマチュアのアスリートや成長期のお子さんにもよくみられる症状です。

よくあるスポーツ障害の例を挙げてみると、次のような障害が挙げられます。

あなたが何のスポーツをしているかによっても、起こりやすいスポーツ障害の種類は違ってきます。スポーツ障害の種類が異なれば、症状もそれぞれ違います。

スポーツ障害を改善するには?

スポーツ障害には、とにかく休息が大事です。

激しいトレーニングを積んでいたお客さんや、毎日のようにスポーツをしていたお客さんも、スポーツ障害と分かったら一旦お休みしましょう。

患部は包帯やテープで固定して、圧迫することで腫れや内出血を鎮静させます。
できる限り患部を動かさず、安静にしておきましょう。

スポーツ障害になって間もない頃は、腫れや炎症を抑制するために冷やしましょう。
初期症状の頃に温めてしまうと、逆効果になる場合があるためお気を付けください。

患部は心臓よりも高い位置に上げておくといいです。
リンパの流れが良くなるからです。

応急措置を何もとらずに放置していると、患部をかばおうとしてほかの部位にも支障が出る恐れがあります。

傷めた部位を初期段階でしっかりケアすることが、大好きなスポーツに早く再開するためにも大切です。

おがわ整骨院と一緒にがんばりましょう!

スポーツ障害を予防するには何をしたらいい?

スポーツをする前に、十分な準備運動をせずに始めてしまうと、スポーツ障害を起こしやすくなります。

スポーツ障害を予防する一番基本的な方法は、準備運動と運動後のクールダウンです。
これでもか!というくらい十分にウォーミングアップをしましょう。

特に中高生は、ウォーミングアップの重要性をまだよく知らず、すぐ運動してしまうことや、早くスポーツに取り組みたい!という気持ちが先行して、準備運動をおろそかにしてしまうことがあります。

周囲のコーチなどがきちんと注意喚起して、サポートすることも重要でしょう。

また、運動し終わった後は突然体をストップさせるのではなくゆっくりウォーキングするなどして、少しずつ体を停止していきます。

いきなり動くのをやめてしまうと、スポーツ障害になる恐れがあります。

スポーツを使う時に機材を使うことがあれば、その機材が自分の体によくフィットするかも見直しましょう。(野球のグローブなど)。

それでは、上記で説明した予防法をもう一度おさらいしてみます。

・十分な準備運動をすること
・スポーツ後はクールダウンをすること
・自分の体に合った道具を使って運動すること

スポーツ障害は再発しやすいため、再発予防のためにも異状を察知したらすぐに運動を中止し、早めにおがわ整骨院までご相談ください。当院は再発予防のためのサポートにも取り組んでいます。

スポーツ障害に関連する症状一覧

スポーツ障害に関するコラム

コラムはこちら